増築リフォーム現場

 

 

着工時のリビングこの右側にある壁の奥に増築

 

既存建物の壁

増築部分が形になって来た状況。

 

工事範囲にある既存の断熱材も改修しました。

昔の家は根太組で床を作っていくので壁の下の土台部分に気密性が無く、床下の空気が壁の中に入って来てしまう構造になっています。そこを塞ぐだけでもかなり断熱は改善されます。

コンセントからヒューヒュー風がくるようであればそういった構造の可能性が高いですね。

 

各部屋への入り口はアーチになっています。

次に仕上げ工事に入っていきます。

今年の振り返り

もう少しで今年も終わり。

今年はリフォームの相談が多い年でした。

お風呂洗面周りのリフォーム相談から、店舗改装まで相談が続きました。

まだ計画のみの物件もありますが、小さな物件でも当事務所では対応いたしております。

 

事例1 浴室更新。

バリアフリーであったかく生まれ変わりました。

  

 

 

事例2 減築の提案物件。

コンパクトにする事で改装費用も圧縮しつつ広がりのある空間を提案。

断熱、構造的な更新も併せて提案しました。

 

 

純和風の住宅をリフォーム!

現在建築工事中のリフォーム物件

こちらは純和風の平屋住宅。もともと離れ住宅のような家であり個室がないガランとした造り。

でもリビング続きの和室など、良い造りの部分もある。ここに個室を増築をして住みやすくする計画。

その過程を少しだけ数回に分けてブログに綴って行きます。

 

この建物、もともとは隣に渡り廊下を介して本宅がありましたが、

その部分はすでに取り壊されていてこの離れのみ残っている状態。

 

設計時の話はまずは省略。

新築工事と違って少し複雑な部分もありますが、確認申請を経て工事着手。

まずは渡り廊下を解体し、ここに個室を設けます。

奥は山林が迫っていて、それが日当たりにも若干の影響がある感じの場所。

明るく暖かい空間に生まれ変わりますよ!

 

内部は板張りの空間の既存部分。ここはリフォームでイメチェンします。

 

解体後、まずは増築部分の基礎工事に着手。

 

お庭の紅葉もちゃんと残し、建物から見えるよう、現地の景色を考慮したプランにいたしました。

既存部分からも外は十分に見えますが、見え方を工夫した窓を設けてみました。

ここは後のお楽しみ。

 

 

基礎工事の次は骨組みの建て方を行い形が現れてきました。

まずはここまで。

また続きをアップします。

 

 

 

 

アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加