中古住宅の流通の話

昨日は、国土交通省の既存住宅状況調査技術者講習に行ってきました。

 

日本の人口が減少傾向になり、大都市圏よりも地方都市の方が減少傾向は既にはっきり出て来ている所です。

この様な状況での住宅事情ですが、まだ新築住宅が多くを占めますが、着実に中古住宅の流通量が多くなって来ております。

流通が多くなると、売る方、買う方も安心して取引できるシステムが必要という事で、国土交通省の施策が出て来た訳です。

 

簡単に申し上げますと、中古物件の売買の際、基準に基づいて「建物の状況調査」をする事になります。

これはH30年の4月からの施行なのでまだ準備段階ですが、来年にはその様な手順が必要になるという事。

 

講習会は、「建物の状況調査」をする専門家を作り出すための、いわば認定試験でした。

8月には試験結果が出ますので、おそらくその後、業界的にも色々と動き出す事と思われます。

不動産の取引に関わる重要な資格になりそうですが、これまでも色々な形でやって来ていますので、しばらく静観と言った所でしょうか。

建築士会の大会へ。

建築士会に入って初めて、建築士会関東ブロック大会という行事に参加いたしました。

 

宇都宮の支部の委員会には時々顔を出す程度でありましたが、ひょんな事で私が今大会のメインの第一分科会発表者となった訳です。

 

今年は神奈川県で開催。場所は箱根。

発表当日のリハからのスケジュールに間に合うように出発しました。

小田原で乗り換え

 

箱根湯本にある大きなホテルが会場。

まずは受付を。

 

何やら聞いていた感じより大規模。プレッシャーが掛かります。

リハーサルと内容確認等をして発表にそなえます。

しかもトップバッターです。(泣)

 

 

あとはテンパッて写真どころではなかったので終わった後、宿の窓からの眺め。

ここが箱根か〜〜。

 

この後懇親会があるのでお酒飲んで、温泉入って。

と行きたいところでしたが、個人的には体調優れず。。。ノンアルで。

 

翌日は午後には宇都宮に戻る予定でしたので、観光もせず朝早く帰路へ。

せっかくだからもう少し時間作っておけば良かったなー

 

 

東京展覧会巡り。

今回は、TOTOギャラリーでの坂茂展と、パナソニック汐留ギャラリーでの住宅の展覧会へ。

大規模な木造シェルの作られていく過程の動画があり、個人的には見ていて飽きない内容でした。

 

 

パナソニックの方は写真NGでしたが、最後のパネルだけOKでした。

日本国内の住宅をこちらの皆さんの目線で選定し、インタビューや動画を加えた展示でした。

物件数が多くボリューム満点の内容でした。

今月発売のHOUSINGに掲載されました。

ボルダリングのある家の住まい方。

雑誌HOUSINGに掲載されました。

 

子育てが楽しくなる間取りという特集でした。

建築家・手塚さんの物件も紹介されていたり、他にも参考になりそうなケースの掲載もあって面白い記事です。

ご興味のある方は是非ご覧ください。

 

amazon

 

草木の手入れの時期

5月になって木々も緑の色が濃くなってきました。

アトリエdoorの自宅の庭は山に面していて木々の色の移り変わりを感じることができるとてもいい環境。

でも、山の恵みというか、この時期のお約束。クヌギか何かの花粉というか花びらというか風に乗ってどんどん降ってきます。

昨年までは山桜があったので花びらの花吹雪も綺麗でしたが、山の整備で桜は伐採されたので今年はそれを感じることはできず、この花粉の攻撃を受けている感じがする。

 

ところで、自宅の庭の方といえば、なかなか手が回らず雑草も結構伸びてしまっている。

バーベキューコンロも壊れて直さないといけない。。。

少しづつ手を入れて綺麗にしたいなーといことで周辺から始めています。

 

パーゴラには勝手に伸びてきた ブドウと、つるバラ

 

連休中は半々で、、、

連休だというのに私は休みと言う感じもあまりなく、子供達はみんな部活で忙しく、むしろいつもより朝が早いくらい。

昔みたいに遊んでもらえるはずもありません。

 

仕事に集中すれば良いのですが、巷はGWですから少しは雰囲気感じたいし。

賑やかなところに行きたい気もする。

 

結局今日のところは子供の部活の応援!!に行く事に致しました。

レギュラーじゃないけど、、、でもいい。サッカーが好きだからね。

 

みんなで応援する事に意義があるので良しとします。

まずは今日も勝つ事を祈ってます。

写真は先週末。この試合は勝った。ピース

建築展を行います

今年もそんな時期に! 建築展!

 

県内の8つの設計事務所の展覧会。

今年も昨年に負けず、新しい企画があります。

ぜひお越しください

 

 

 

 

 

 

久しぶりのセミナー。

久々にセミナーに行ってきました。

会員登録しているサイトからセミナーの情報があり参加してきました。

 

エコハウス大賞に関連するシンポジウムでしたが、とてもためになるお話が聞けてわざわざ来る価値ありでした。

それぞれの立場考え方、そこから見えてくる今後大事にすべきこと、、、、。

 

毎日何かに追われている感じが抜けないこの頃。いや、前からずっとかな。

最近のそのような自分の心に何か良いスパイスになった気がします。

 

 

午後のセミナーの前には、中村好文さんの展覧会を見てきました。

家具職人さんとの作品がたくさん。これも見る価値あり。しかも無料。手

会場内を仕切る壁には詳細図がビッシリ。

デッサンの過程が見れたり なかなか内容の濃いものでした。

本当は他にも見たい展示があったのですが、ここで午前中の時間を使ってしまって行く事ができませんでした。Docomo_kao8

また時間作って改めて来れたらと思っています。ではでは。

 

建築士の集まり。

12月。

先の週末は栃木県建築士会の青年部の集まりがありました。

県内支部の交流会で、各支部によって建物視察や講演会を企画するものです。

今回は宇都宮が主催ということで我々の出番で、企画を練って皆さんをお迎えしました。

 

まずは石の蔵を見学&食事。

大谷石の蔵を再生して活用されている先駆的事例。

レストランはとても賑わっておりました。

 

続いて市内の教会。

大谷石を使った教会は松が峰もありますがこちらも見ておきたい建物です。

 

結婚式にも使用されている、とても雰囲気の良い空間。

クリスマス飾りがされていました。

 

 

 

教会見学の後は、大谷石の露天掘りの現場視察です。

まずは採掘場の山の上から。

索道用のケーブルがあり昔は使っていたようです。

 

 

露天掘りの採掘場まで降りてきました。

切り出されて並べられている石置き場から、採掘している切り出し場までさらに降りていきます。

徒歩です。

 

 

大谷石の粉の道は見た目以上に歩きにくくて足腰にくる。

雪道のようだ。

グリップの効く作業靴でないとダメですね。

 

最後に講習会。

照明器具の具体的な使用例とその注意点をレクチャーして頂いて

 

このあとはお約束で宴会(忘年会)となりました。

ストーブ掃除

先日は冬に備えてストーブのお手入れ。

 

薪ストーブを使っていると、毎冬の初めには使用前の手入れを行う必要が有ります。

シーズン終わりにしっかり煙突掃除等をしても良いのですが、うちではシーズン初めに行っています。

昨シーズンの使い終わりからこれまでの間に埃などがたまったりするので、寒くなってから火を入れると少し埃などが燃える匂いがするため、火入れ等をすこし気温があるうちに窓を全開にして行っております。

あとは、いつ本格的に使用しても良いように薪の準備をすれば完了。

 

毎年やる必要はないのですが、今年は屋根に登って上から煙突掃除です。

高所恐怖症でなければスイスイできると思いますが、すこし苦手なので時間をかけて行いました。

ワイヤの位置などすこし改善もしたいところでしたが時間的に厳しかったのでそれは次回ということで、、、。

ススが取れてすっきり

 

次に、もう一つのストーブ。

アラジンストーブもお手入れ。

埃を払ってパーツをふきふき。

 

外も磨いて、使うのが楽しみです。

 

 

アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加