月食そして大雪

先月末にあった月食は、欠け始めから最後まで綺麗に見ることが出来ました。

こんな綺麗に見れるのも滅多にない機会なので、自分のカメラの性能を確かめるべく撮影に取りかかってみました。

カメラはソニーのα6000で標準のダブルレンズセットです。

1年半以上前に購入してまだ全然うまく使えていないカメラ。

普段はスマホに頼り切りです。

 

三脚を持って来て、ズームレンズに取り替えて。いざ撮影開始。

月明りが明るくてまったく撮れないしオートフォーカスじゃピントが無理。

 

試行錯誤の上、結局はマニュアルモードにすることに。

ただ、最近老眼が酷くてカメラの性能を液晶ではよくわからないのですが。

うまく使えているのかよくわからないまま、定点観測。

けっこう綺麗に撮れてそう。

 

いよいよ全部隠れて、薄赤い月に。

この時は、先程とおなじ設定では真っ暗になってしまい、露出などを変えてやっと撮れました。

使い方がよく分らず試行錯誤しつつなので徐々にぶれてしまったり、定点だけどカメラの向き変えないと入らなくなったりイメージしたことができずに終わってたしまった。

でも、色々機能を確かめることが出来たので少しはカメラの機能を活用出来たかな。

 

その数日後、また雪が降ったので、撮影しようとカメラを持ちだしました。

何枚か撮ってあとで見てみると、なんだか全部ピンぼけ。

カメラの設定みたら、先日の月食撮影時のままでした。

綺麗に取れるのもあったのですが、ほぼ全滅です。

よく確認してとらないとね。

でも、目が悪く無ければ撮影時にすぐ気づいたのかも、、、。

 

LINE@ アトリエdoor始めました。

友だち追加

また雪降る?

きょうは現在建築中の現場にて各種打ち合わせ。

現場はシートがかかっているので寒さも増しますね。

でも、お施主様自らストーブまで用意してくださってありがたい限りです。

 

 

そんな寒い今年の冬。今年は特に寒い日が多いわけですが、明日の夜からまたしても雪の予報となっているようです。

今度はあまり降らないで頂きたいですね。

前回降った朝は中庭がこんな感じで雪だまりとなりました。

テーブルの上の雪が綺麗な箱型に。

気象台の発表より多い積雪でした。

 

地盤調査実施!結果は、、

寒い日が続いておりますが、宇都宮の上籠谷の現場にて地盤調査を行いました

スウェーデン式による試験となります。

 

住宅などの小規模建築物の地盤調査ではこの方式が多用されております。

調査が容易で比較的安価なため、1物件当たり多くのポイントを調査することができます。

住宅など比較的軽い構造物の基礎の下の表層部分をピンポイントでいくつも計測することで信頼度の高い結果が得られます。

 

調査は、先日の大雪の前に実施できたので良かったです

 

結果は問題なしとの報告書が上がってきたところでほっとしました。

 

地盤に関して周囲の区画で地盤改良をしていない場合でも、もし調査結果が悪く軟弱地盤と判断された場合は、地盤改良を実施することになります。ですので、予算計画の際は、あらかじめ改良工事の費用を考慮して考えておくのが良いと思います。

アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加