地鎮祭その1

鶴田の今度着工する現場です
地鎮祭を行いました。

確認申請作業に入ります。


完了検査終了です

完了検査終了であとは引っ越しを待つのみとなりました。
私の都合もつかず、結局見学会は実施出来ませんでしたが、写真等でUPできるようにしたいと思います。

ここまでは長い道のりでした。
振興地区にある土地の農地転用から始め、計画と転用が下りるまで1年以上。
着工間近で震災。まさに震災の日も直前に電話で工事について確認していました。

その後はしばらく本当に着工するかどうかご家族みなさんで悩み、さらに着工後もさまざまな要因で何かと時間が掛ってしまいました。お施主様も施工に加わってじっくり作った感じがします。施工中は山あり谷あり。家づくりもなんか人生みたいですね。

こんな大変な時期を経験し、みんなで作り上げ、思いの詰まった家はお施主様にとっても私や工務店さんにとってもすごく印象に残る建物になると思います

早くここで暮らしている様子を伺いに来たいと思いました。

今日も見学会実施中。

昨日は、雪の中お越しいただいた皆様大変ありがとうございました。
見学会は、今日も実施中です。
木の香りがするおうちです。

2階階段〜通路


1階キッチンから茶の間方向

温泉気分

もうすぐ完成のお風呂。
なかなか良い出来ですね。
お客様のこだわりが詰まっています。
こちらの現場は間もなく完成。
あとは各種検査を残すのみ。



今回は、日程上の都合により土日の見学会は開催しません。
ただ、平日昼間で、都合が付けば予約者のみの見学可能な日を一日だけでも設定したいと考えています。

***概要***
場所は旧南那須町。宇都宮市内からは45分くらいかかります。
蔵風の和の建物です。
平面プランは3つのゾーンで構成
お風呂は離れ風
平屋建ての37坪
内部造作は地元大工さんの腕が光っている感じ。

このような建物です。
見学希望の方はメールにて問い合わせください。

間もなく完成宅。

那須烏山の現場は間もなく完成。
引っ越しの都合等で見学会開催は微妙な状況。
この現場に限らず、震災後着工の現場はどこも慢性的に職人さんの人手不足気味ですね。
請け負っている工務店さんは嘆いていました。

でもお客様としては1日でも早く入居したい所で、見学会も省略の可能性はあります。

もしかすると、少しでも日にちが取れれば急きょ開催の可能性もあります。
平日1日限りでの開催とか・・・。

ブログでお知らせします(問い合わせして頂ければメールでもご案内いたします)


工務店さんとお施主さんは元々お知り合いで、私の所に相談に来た時から大工さんは決まってました。なので、内部は大工さんとお施主さんのアイデア満載ですね。
そんな和の雰囲気たっぷりの住宅。
すこし変わったプランにした分この辺では結構目立つ存在だと思います。
蔵?お店?住宅?って感じです。
でも、奥の農家の門と言うか蔵とも相性ばっちりかな。風景には合致していますね。

塗装工事

内部の塗装工事中でした
手すりも完成。
なかなかいい雰囲気です。

ピクチャーウィンドウ

日光の現場では、内部の仕上げに取掛っている状況
キッチン周りも大体出来てきてます。

キッチンに立って窓からの風景を見てみる
季節ごとの景色の移り変わりを楽しめそう。

十和田石を使ったお風呂がgoo!

在来工法で作っているお風呂。
床に埋め込んだ浴槽がちょっとした温泉気分を楽しめそう。

設備屋さんでもあるお客様自ら考え、私もアドバイス。
気合いもお金も掛かってますな〜いい感じで出来てきました。

腰壁の石張りは十和田石。
これは絶対入浴体験させてもらえるようにしなければ。

鉄骨手すり設置

和室を通る階段に手すりを設置中。
景色を見たい方向に階段があるので階段は出来るだけ圧迫感の無いように設計してます。



窓の外は冬間近です。
今日は気持ち良い天気で景色もバッチリでした。

位置だし確認

宇都宮市内の現場。
現在設計中で、境界部分の擁壁工事、フェンス設置完了で建物位置の確認です。
斜面部分がなくなって、だいぶ有効に使えるようになりましたね。

アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加