消費税10%引き上げに伴う支援策

今年は秋に消費税が10%へ上がります。(国会で予算が通ればですが。)

現在示されている住宅取得関連の施策について分かっているところをまとめてみます。

 

   予定されている施策は4つ   

1 住宅ローン減税控除期間が延長

2 住まい給付金最大50万円

3 ポイント制度を創設

4 贈与税の非課税枠拡大

となっています。

 

それぞれについてざっと説明しますと、

 

1。住宅ローン減税ついては今まで控除期間10年間であったのが13年間となるもので、最大で2%分相当が減税となります。

  

2。給付金は収入額が775万円(目安)以下の対象者に 最大で50万円になります。(現金取得も該当します)

  条件により、住宅の品質性能など要件を満たす必要があります

 

3。新築で35万円、リフォームで30万円の新たなポイント制度が創設されます

  一定の性能を有する住宅取得者が得られるポイントなので、新築、リフォームとも一定の性能に適合する必要があります。

 

4。現行1200万円の贈与税非課税枠を3000万円まで拡大するというもの。

 

 

まだ確定ではないので、詳細を知りたい方は国土交通省HPにて確認ください。

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加