暑さ対策。まずは遮断する。

以前のブログにも書きましたが、近年の夏の暑さはとても厳しいものがあります。

35度を超える日があるのが当然の様になって来つつありますよね。

 

何かをするときに「午前の涼しいうちに、、、」なんて言葉は当てはまらない様になりました。

もちろん家の中では、エアコンは必須ですよね。

 

設計という仕事をしていますので、こういう暑い日の対策をいくつか挙げたいと思います。

何か参考にしていただき、夏を乗り切ってください。

 

大事なこととして、まず、外の熱を家に入れないということになりますが、

特に窓まわりの日差し対策をしただけでもかなり有効です。

近年の住宅は断熱構造、サッシなど熱環境がすごく良くなって来ていますが、少し昔の家でもできる基本的な事としていくつか紹介します。

 

 

●窓にカーテンをする。

レースだけだと熱は入ってくるので、カーテン本体も閉める。

家の中は薄暗くなりますが、必要に応じて照明をつける。

照明はなるべく、LED電球にして電球からの熱も少なくしましょう。

 

●ブラインドなら

日差しを遮りやすい向きに羽を向ける様にしましょう。

反対向きですとかなり日差しが入って来てしまいます。

 

 

●窓の外がわに簾をつける。

サンシェードや、よしずなど、窓の外に取り付ける物は特に有効です。

ゴーヤーやきゅうりなど、つる植物でグリーンカーテンも良いですね。

熱が建物に入ってくる前に外側で遮断すると効果は大です。

 

●窓の外側と内側の遮光方法を併用してみる

外に簾、内側にブラインドで日差しを遮り易くなります

 

日差しは南方向だけではなく、夕方の西日や朝の日差しもかなり強力です。

地形や、近隣の建物の状況にもよりますが、日差しをなるべく遮り、まずは家の中へ熱を入れないことでかなり環境は改善します。

 

窓の遮光の対策をいくつか挙げましたが、ごく普通の方法です。

ただ、ブラインドの羽の向きなどはそれだけでもだいぶ日差しの量は変わります。

カーテンなら、遮光タイプにしてみるのも有効です。

 

 

●帰宅時などの対策

 夜に帰宅後すぐにエアコンをつけたいところですが、暑い空間を冷やすにはエネルギーが要ります。なるべく効率よくエアコンを効かせるには、まず溜まっている熱を外に出してからエアコンをつけると良いです。換気扇をつけたり、窓を開けて少し換気をしてからエアコンをつけると良いと思います。ただ、外の方が暑い場合はやめた方が良いですね。

 

 

住宅設計の際

 日差しの入り方を少し考慮して計画しつつ、上記の様な対策がしやすい計画にするのが良いと思います。

 景色を見つつ、熱もある程度遮る事も可能になります。

 アトリエdoorでは、快適な住環境を目指して計画しています。

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加