パーケットフロア

内部の床貼りに入っている日光市の現場です

 

床材はパーケットフロアと言うタイプです。

フロア材を一枚一枚向きを変えたりしてつくる、寄木張りの方法です。いろんな貼り方があります。

今回採用したのは ヘリンボーン。魚の骨のような感じにハの字状に連続させて貼って行くスタイル。

まずは、原寸墨出しののち、壁際の細かい部分作っていました。

大工さんの苦労を感じました。がんばって!!

 

外は快晴。清々しい天気でした。

外回りもこれから本格的な工事に入ります。

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加