冬支度

11月になって、いよいよ秋が深まって来ました。

我が家の裏山の木々はまだ緑ですが、もうすぐ紅葉し落ち葉の季節になります。

家の中では暖房も徐々に必要になるので、連休の合間にストーブの薪の準備を致しました。

 

薪は、玄関側と建物南の合計5箇所の薪棚に分けて保存しています。

1シーズンでこのうち半分以上〜3分の2くらいは使いますが、薪の残りがあと一棚になっていたので、軽トラ2台分一気に薪の補充を行いました。概ね1シーズン分は確保しました。既に乾燥済みなのですぐ使えます。

薪は山から切り出してから約1年程度は乾燥させないと良く燃えないですので、すでに乾燥した薪を調達できてよかった。

 

建物南側の薪棚。こんなサイズのものが、こちらにあと3つあります。

あと1個半ぶん以上は空いていますが、ここまで調達できていれば一安心。

残りの部分は来シーズン向けに調達を考えたいところです。

 

また、先日完成した神戸のお家のお施主様から報告をいただきました。

設置したガス暖炉の運転を始めたとのことで写真を送っていただきました。

薪とは違って、これも良い雰囲気です。

 

最近は、ペレットストーブや、エタノール暖炉など選択肢も増え、様々なライフスタイルに合わせて選択できるようになっています。薪ストーブは薪の調達が重労働なのでその点が少しマイナスポイントかな。ペレットやエタノールは燃料調達コストがネックです。この辺りを総合的に考えてどのタイプを採用するか、考えるのもまた楽し。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加