建築士の集まり。

12月。

先の週末は栃木県建築士会の青年部の集まりがありました。

県内支部の交流会で、各支部によって建物視察や講演会を企画するものです。

今回は宇都宮が主催ということで我々の出番で、企画を練って皆さんをお迎えしました。

 

まずは石の蔵を見学&食事。

大谷石の蔵を再生して活用されている先駆的事例。

レストランはとても賑わっておりました。

 

続いて市内の教会。

大谷石を使った教会は松が峰もありますがこちらも見ておきたい建物です。

 

結婚式にも使用されている、とても雰囲気の良い空間。

クリスマス飾りがされていました。

 

 

 

教会見学の後は、大谷石の露天掘りの現場視察です。

まずは採掘場の山の上から。

索道用のケーブルがあり昔は使っていたようです。

 

 

露天掘りの採掘場まで降りてきました。

切り出されて並べられている石置き場から、採掘している切り出し場までさらに降りていきます。

徒歩です。

 

 

大谷石の粉の道は見た目以上に歩きにくくて足腰にくる。

雪道のようだ。

グリップの効く作業靴でないとダメですね。

 

最後に講習会。

照明器具の具体的な使用例とその注意点をレクチャーして頂いて

 

このあとはお約束で宴会(忘年会)となりました。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加