プチリノベ#01自分でスイッチプレート交換

インテリアのイメチェンをしたいと思った時、以外と効果的なのが スイッチプレート交換。

アクセントが効いて感じが良くなります。

一般的なコンセントスイッチ類の場合の手順を示してみます。

よくあるこんな感じのスイッチ。
最近ではワイド型の大きいスイッチがありますが、今回はこの写真のようなタイプの場合の交換方法を書いていきます。

まずは、古いプレートを外す。
もともと、ネジ等で止まっていればドライバーを使って外しますが、写真のように何もないつるっとしているものは、プレートの上か下の部分に溝があることが多いです。そこにマイナスドライバを合わせて軽くねじると外せます。

すると、プレートを止めるためのベースが現れますので、これを外します。
上下のネジをとるとネジ穴がありますので、ここに合わせて新しいプレートを付けていきます

今回選んだのは、ステンレスの金属製プレートです。


同様にこんなホーロータイプもあります。

そのほか、ネジを見せないシンプルなタイプもありますし、探すといろいろなスイッチプレートがありますのでチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

中の、スイッチ自体をいじったりは絶対にしないでくださいね。
中も変えたいという時は必ず電気の専門家に頼みましょう。


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加