床のオイル塗りと、塗り壁の手形付け

いよいよ完成も間近。
今回の床のオイル塗りは施主施工で頑張ってみる事にしました。
他で上がってしまったコストを押さえる意味と、将来的なメンテナンスの事も考えてやってみますか。と言ったノリで始まった事ですが、いざ目の前にすると不安もある様でした。

道具類を一式揃えて来て手順の説明。
1日で終わるのか??という疑問も残りながら進めて頂きました。

マスキングは少しやっておいたので、すぐに床塗りに着手。

途中、塗り壁に手形を付けるため、職人さんにも来て頂きこんな感じに手形付けを行いました。

ある程度進んでいるのを確認した所で、一旦私は別件打ち合わせのため現場を離れました。
夕方戻ってくると、あともう少し、、、多分間に合う。
でも本当にあと少しの所で日も落ちで徐々に薄暗い状況。まだ電気が繋がっていないので、なんとか最後の部分はランタンで照らしつつ終了。
ご家族皆さんで楽しく進める事が出来、本当に良い思い出になりましたね。おつかれさまでした。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加