工事監理について

  設計事務所を運営していると、お客様からの質問として設計監理とは何かを聞かれることがあります。特に監理の方。
 何度説明しても、管理と監理の違いを分かってもらえないことが多く、費用の面でも理解して頂けないことが、稀ですがあります。工事関係者でも同じ感じです。
 少しでもわかって頂きたいと思いまして、また書いてみる事にしました。


まずは、「現場管理」 と 「工事監理」 、役割と立場が全く違うものです。

 現場管理とは簡単に言うと、工事を請け負った建設会社が工事を段取り良く施工するために現場を管理する事。

 工事監理とは、建設会社が設計通りの施工をしているか、適切な材料を使っているかなどを確認したり、また場合によって変更が必要な時などには協議をしたりする役割。


 一般的に建築工事現場では、職人さんが工種により日々入れ替わりますし、それを管理する現場の代表者が必要。それが現場管理者。工事現場を代表して誰かが現場管理人となります。現場代理人と呼んだりもします。この人は工事監理者ではありません。
 設計施工の会社では兼務もあるかも知れないですが、基本別の人です。


例えば、ざっくりと 一つの仕事の流れで言うと

建設会社が、ある工種の施工の段取りを始める。
 ↓
現場管理者は、工程を考えて資材を発注したり、施工手順を考えて現場の職人に指示を出したいが、本当にその考えでよいか最終確認をしなければならない。
 ↓
施工に関する資料を作成し、工事監理者(設計者)に承認をもらって施工にはいる。
 ↓
工事監理者は設計内容に沿っているか判断しその結果を現場管理者へ連絡
 ↓
承認後工事に入る


 このような流れとなっているので、工事現場の代理人が、工事監理を兼務することは難しいと私は思います。


※工事完了の際、工事完了検査申請書には、工事監理者によるチェックをしたことを証明する部分に印鑑を押す事になっています。

 アトリエdoorでは、各種検査に加え、工事期間中は、定期的に現場へ行き確認する事にしています。



つづき工事監理

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加