内部塗装工事

テクノポリスセンターの建築現場、塗装工事に入りました。
室内に表しとなる無垢の木を塗装します。

塗料は前にも述べたもの。記事

うちでは無垢には自然塗料を用いますが、床などは無垢用の蜜蝋ワックスなども良いですね。
普段のメンテナンスは、掃除機OK。雑巾がけOK。いたって普通です。ただ、クリーナ等を使うときは、無垢用のワックスクリーナを薄めたやつを使用。これだけ。
普通の合板フローリングとあまり変わらないです。

さて、今回使用したのは、出来るだけナチュラルにするため薄めの色。ぱっと見、塗った?と言う感じも受けるかもしれません。でも、塗装前後を比較すれば一目瞭然なんです。なじんだ感じの色合いとなりました。

無垢の生地のままだと意外に白っぽく感じ、それはそれでGOODなのですが、やはり塗ると雰囲気が出てとても良いですね。

P6237096_400.jpg

塗りだしたところ。丸栃銘木の小田部さんも現場に来て頂いたので、塗料の特徴等を再度確認できました。自然素材の塗料もいろいろあるので、こういうフォローはうれしいですね。

塗料は、流動性というかサラサラ感が意外と重め。ねっとり染み込んで行く感じ。
外部にも使える材料で耐候性ばっちりです。



P6237100_400.jpg

若干ですが、色むら(染み込み方の差)が出るのも無垢ならでは。塗装屋さん泣かせ(^^ゞです。目潰しカラーなら均一に塗れますが、やはり木目は見せたいですから。
木と塗り壁が良い感じになるはず。
今度行くのが楽しみです。



関係ないけど、最後にうちのヒューくん。
階段下りれるようになったんだけど、化粧階段だから下が見えて時々途中で立ち止まっちゃう。
本当はかなり怖いんだと思う。

P6237094_400.jpg

先代のジー君は軽々上り下りしていたけど怖くないのか、みんなのところにどーうしても行きたいのか本当に余裕でした。

ヒュー君もそのうちそうなるかな。ちなみに、もう一匹のほうのミントは 火事場のなんとかで、ホントに、たまに、がんばって上っているときがあります。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加