外壁通気層

現場では外壁の下地工事です。



 白く見えるのは透湿防水紙、その上に縦に板を張り外壁下地に隙間を作ります。今はさらにその上に横方向板を張っています。木ずりと言うものでこの後ラス網を張ってモルタル塗りとなります。
これは、一般的な通気工法です。
 いろいろな住宅の外壁の違いは、縦方向の板の上に、何をはるかで違ってきます。仕上がった外壁パネルを張ると外部はすぐに完了しますし、今回のように塗り壁の場合はその下地を張ってから仕上ます。

 ところで通気層って何?と思われる方いると思います。
通気層は基礎のところから軒までつながっていて、壁体内の結露を防ぐために設けます。なので透湿防水紙を使用します。

 内部では 配線などが始まってこれから細部の詰めの工程に入って行きます。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加