内装のはじまり

 工事監理中の物件もようやく内装工事に突入です。とはいっても、公共系の施設なので商業施設のように仕上げ種類の数はそんなには多くありません。

大きな音の出る室内は、全体に吸音材を貼りつけます。
これはグラスウールをガラスクロスで押さえマット状にしたものです。音楽のホールみたいな空間での吸音にも使用したりします。

壁は石膏ボードで目地のパテ処理途中、天井が鋼製の下地が見えている状態です。(良い写真がなくてアップできませんでした。)今度また撮って来ます。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL
アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加