狩口台の家写真アップします

5月に完成しております「狩口台の家」

完成写真をいくつかアップいたします

 

傾斜地に建つ家、坂の向こうは海。

 

公園が目の前にある閑静な住宅地。

 

玄関を開けると公園の木々が目に入ってきます。

 

キッチンはとてもシンプルな作りです。

作業台と共に製作していただきました。

 

ハイサイドの窓

 

2階のテラスは広々。

 

手すりはスチールとタモで製作。

シンプルで綺麗に仕上がりました。

 

これまでの各建物の写真集等は近々まとめてHPにアップしようと思います。

お楽しみに。

 

建築相談はいつでもお気軽に こちらまで

内覧会が終了。いくつか写真を。

神戸で建築中でしたおうちは 内覧会が終わり、設計検査完了検査も終了。

あとは お引き渡しを待つのみとなっています。

 

傾斜した地形の中の区画です。南方向には高さのある住宅があります。

その建物と同時期の工事となったので、設計時はある程度想定のもとでの計画でした。

施工はあかい工房さん。丁寧な施工と気遣いで柔らかい雰囲気をさらに上質な空間に仕上げていただきました。

 

西に面している建具には外側に木製のルーバーを設置。

日差しを和らげる程度の役割と考え景色の見え方を重視いたしました。

 

内部のキッチンはオーダーです。岡山のkitobitoさん。

とても良い材料で丁寧に作り上げています。

壁仕上げの漆喰、タイルとの相性もバッチリ。

 

ベランダにもルーバーの建具。

西向きで庇は主に雨対策となりますが、雰囲気のためにも重要な役割です。

 

内部階段にはスチールと木の組み合わせの手すり。

アトリエdoorでは定番。こちらも綺麗に仕上がっています。

 

そのほかの写真はまた別の機会に。。。

狩口台の家の内覧会

神戸て建築中でした住宅がこのほど完成を迎えます

今回は神戸ということでアトリエdoor主催の見学会は実施いたしませんが、工務店主催の内覧会が催されます。

ご興味のある方、またはご近所に行く予定のある方などどうぞご覧ください。

キャッチコピーのように、瀬戸内の海風を感じることができる良い場所です。

建物は必要なものだけを配置した、シンプルな心地よい家です。

 

 

設計監理:アトリエdoor

施工:あかい工房

造作キッチン

造作キッチン設置されました。

先日伺った工房のキッチンが搬入され、報告をいただきました。

面材が付くと雰囲気が上がるでしょう。楽しみです。

 

キッチン前はタイル貼り。

優しい雰囲気が出ていますね。

 

今回は報告をいただいた際の写真利用させて頂きました。(^ ^)

今度は完成した写真をアップできるように致します。

次は仕上げに入ります。

いよいよ造作及び内装工事に入っていきます。

外部の手すりやルーバーなどまだ外観上ももう少し残っていますが、段取りを進めてもらい完成へカウントダウンです。

 

内部の状況

 

窓からの眺め。少し電線が邪魔ですが、海が見える方向です。

心地よい風が吹いてきます。

 

 

オーダーキッチンの工房へ

海の見える家は、現在完成に向けて順調に進んでおります。

先日はいよいよキッチンが搬入になるということで、その前にキッチン製作の工房にお邪魔することに。

お施主様の車に同乗し工房へ向かいました。

 

春の山々を抜け、自然の中にある可愛らしい佇まいの工房。

道すがらの桜も見頃で、周辺の緑もちょうど芽吹く頃で気持ちの良い場所にありました。

 

中へお邪魔すると、カタログにもあるキッチン。色合いも綺麗です。

家具も製作されており一点物のテーブルに椅子もこの雰囲気にぴったりです。

 

さて、現在制作中のキッチンは工房の方にありました。

工房の中にはお施主様のキッチンの本体と天板などが置いてあり、あとは組み立て設置を待つ状況。

 

ナラのキッチン。設置されるのが楽しみです。

このようなキッチンや家具達が住まいの雰囲気をさらに良いものにしてくれることと思います。

 

 

中間検査

先日、中間検査の立会いと各種打ち合わせに現場に伺いました。

特定行政庁毎に違うのですが、今回は中間検査があります。

 

伺うと、検査が丁度始まっておりました。

 

 

 

とても綺麗な現場で感心します。

中間検査の後は、断熱材、外壁塗り工事に入っていきます。

現場確認。

先日、建て方以降まとめての打ち合わせを実施致しました。

各部納まりや設備関係の質問に回答です。

 

概略。

この場所は傾斜地で両側に高さが大きめの建築物であったためうまく光が取り込めるように配慮いたしまいた。

特に南側は建築前であったので全容が分からない時点で想定しての設計となりました。

お隣の建築中の住宅は、概ね予想通りというか、想定よりも光の入りそうな形状でよかったです。

 

西側の公園から見ると大きな建物に挟まれてひっそり可愛い家になりそうです。

 

現場内部は断熱材の段取り。

 

さて、こちらの現場は昨年末に上棟式を実施いたしました。

建て方日に上棟式を行い、棟木をお施主様に設置していただく儀式を行いました。

私は都合で出席できなかったのですが、工務店さんとお施主様から動画や写真でご報告を頂き、とても良い上棟式であったのだと思いました。晴天でまさに上棟日和でした。

参加できず本当に残念。

 

工務店さんの写真。

 

 

 

上棟式は現場の安全と、無事良い建物ができることを祈り、また、携わる職人さん、お施主様の顔合わせの良い機会となります。コミュニケーションをとることでお互いに安心感も生まれますのでとても良い行事だと思っています。

ただ近年は、工事日程上の都合やコストの件もあり、実施する現場が徐々に少なくなってきています。

なるべくは、古き良き習慣をなくさないよう守っていきたいものですね。

 

 

 

現場視察の旅。

神戸の現場は着工していよいよ本格的に監理のため時々現場へ伺うことになりました。

今回は、翌日の打ち合わせのため前日のうちに現地へ行きますが、そのついでで東京で展覧会を見てから行く事にしました。

 

福島出身、大高正人展です。

展示はもちろんいろいろ見れて良かったですが、インタビューVTRが面白かった。

 

会場に隣接する岩崎邸は改修してました。

これもまた好きな雰囲気の建築です。

 

 

そのあとは、乃木坂まで行ってTOTOギャラリーへ。

面白い展示でした。

 

このあとこだまで夜に神戸に着き、翌日は朝から視察&打ち合わせとなります。

 

翌日。基礎時点での現場チェックです。

 

南側の家も新築していますが、着工時はどの程度の大きさになるか不安がありました。

ここまでくると大きさが判明し、気になっていた窓から空が見えるだろうと確認できました。

また別の場所からは、想定通り海も見えるのが分かってよかったです。

 

このあとは打ち合わせを行って、宇都宮へ。

帰りもこだまなので宇都宮へは終電になってしまった。

新幹線内での時間をうまく使える様にならないとダメかな〜。

神戸まで出張。

今度建築する住宅の打ち合わせに神戸まで出張。

遠方にも関わらず設計依頼を下さったお施主様に大変感謝です。

そしてとても協力的な工務店さんにも感謝いたします。

 

今回は、着工前に今後の進め方を直にお会いして意見を交わす為に伺いました。

 

工務店さんの納屋というか車庫の片隅にいたミゼット。

お話を伺うとちゃんと動きますよという事で、、、 実際に乗せてもらいました。

エンジン音で声がかき消されそうになりますがそれもまた楽し。

近所を一周乗せていただいて貴重な経験をさせて頂きました。

 

工務店さんとの打ち合わせを済ませ神戸市内に戻ってきました。

暗くなる前にちょっと散策。古い洋館などの街並みがとてもいい雰囲気です。

 

これから工事に向けて各種手続きを行う建設地。

お隣の区画も工事に入っておりました。

 

お施主様のところに新たに加わった家族。

可愛いワンちゃんです。

まだやんちゃな感じですが綺麗な白いフワフワなぬいぐるみのような子です。

良いおうちになりますように。

アトリエdoorのLINE@はじめました! イベント情報などをお届けしますので友だち追加してみてください。 友だち追加